逆流性食道炎が関係する病気の知識をつけよう

逆流性食道炎情報局

逆流性食道炎情報局

逆流性食道炎と関係する病

ドクター

食道とは関係のない頭に起こる症状

逆流性食道炎の症状として吐き気や嘔吐があります。吐き気を催した場合は全身の筋肉が緊張してしまうのですが、その緊張を何度も繰り返していくと緊張型頭痛という病気を併発してしまうのです。

緊張型頭痛では目眩や痛みが起きる

逆流性食道炎から緊張型頭痛を起こしてしまう場合は鈍い痛みが生じ、目眩を起こしてしまうケースがあります。また緊張型頭痛が改善されても逆流性食道炎が再度引き起こしてしまうため、再発させないための対策としてはこの2つの治療が必要になります。

食道がんのリスクを高めてしまうことも

逆流性食道炎が重症化してしまうと、バレット食道という病気を起こしてしまいます。バレット食道は、食道がんの元になってしまう危険性もあると海外では考えられているので、侮ってはいけないのです。

気持ちが悪くて眠れない状態になる

胃がムカムカして眠れない、気持ちが悪い、といった症状が出る逆流性食道炎は睡眠障害を引き起こしてしまうこともあります。睡眠障害は、治療の妨げになり完治にも時間が掛かってしまう厄介な病気なのです。

広告募集中